【無職の夫が出ていきました】64 「誰か」に言ったから

こんにちは、カナコです。「無職の夫が出て行きました」64話目です。

「無職の夫が出ていきました」プロローグはこちら

前回63話「誰かがいたから」 は、こちらからどうぞ!

「無職の夫が出ていきました」64 「誰か」に言ったから

夫がいなくなった朝。息子も学校に行き、アパートに一人になると、「誰か」といた事で抑えられていた感情が一気にあふれ出してきました。

今まで「誰か」がそばにいてくれたから、強がって、平気なふりができていただけだった

身体は、とっくに限界を超えていたのに。

何も考えなくても涙が止まらず、動悸も激しく、息苦しい。自分一人だからこそ、涙をこらえる事なく泣き叫びました。

少し落ち着いてから(出勤まで時間があったので)ツイッターを見始めました。

たまたまなのか。自分がこんな状況だからなのか。

やたら「離婚しました!」というツイートが目につきました。

今までなら「あら、大変ね💦」と流し読みしていただけでしたが

いざ、自分が同じ状況になると

「この人も、色々あって。色々考えて。大変な手続きをして、「離婚」と言えるようになったんだな」と感情移入してしまいました。

私も、言いたい。「誰か」に苦しい醜い本心を聞いて欲しい。知り合いには言えない、心からの気持ちを。

今までツイッターでは無難な事しか書いていませんでした。正直、SNSに本心を書くのは怖かったので…。

でも「こんなに辛かったんだから、少しくらい弱音吐いていいよね…」と

 

↓スクショ張ったのですが文字が読みずらいので、こちらの文章になります💦↓

黒田カナコ:実家に帰ってシングルマザーになります。息子と幸せになります。良かったらイイネください(笑)

 

黒田カナコ:夫が無職になって半年以上。それなりに支えてきたつもりだったけど「一人でやり直したい」と昨日家を出ていきました。私に手続きを全部やらせて。疲れた。なんで子どももいるのにこんな自分一人で逃げ出せるんだろう。こんなに無責任な人だとは思わなかった。

 

早朝だし、文字だけだし。フォロワーさんも多い方ではないし。すぐ読み流されるだけだよね!と、そのまま仕事に向かいました。

それでは、また次回!

このツイートが後にえらい事になるとは、夢にも思っていませんでした…(;’∀’)

おそらく年内最後の更新になります。今年は色々ありすぎて大変でしたが、今は幸せです!

いつもブログ閲覧いただき、ありがとうございます!

来年もよろしくお願いします!!☺

20+