無職の夫が出て行ったあと【父親は心配性】3

こんにちは、カナコです。「父親は心配性」三回目です。

一話はこちら

前回2話はこちら

無職の夫が出て行ったあと【父親は心配性】3

深夜、倒れることが多くなった父。

私が実家に戻ってからも減ることはなく…。

私と息子は二階にいるのですが、倒れた音は響くので、私が補佐をするために降りていくようになりました。

母と違い、娘の私には申し訳なさそうに「…すまんな」と言いました。

(母の時は怒られるので無言だったそうです)

私も、怒りました。

何故「心配」するのではなく怒ってしまうのかというと

睡眠薬とお酒を混合して飲んでいたのです。

私も抗うつ薬とお酒を一緒に飲んで意識を失った事があるので、自滅行為だと思い、怒ってしまいました。

夜、眠りたいからお酒を飲む。眠れないから睡眠薬を飲む。でも眠れないから更にお酒を飲む…。

そして、倒れる。

昼は、ずっと横になってウトウトしていました。お酒を飲んでいなくても。

全身、どこもかしこも病魔に侵されていました。

診断名がついているのだけでも3個ほど。

飲みきれない薬。そこから睡眠薬だけ飲む。睡眠薬だけのために病院に行って薬をもらってくる。

高齢なので病気の進行は遅かったですが、どれが致命傷になるかわからない。

倒れるまで飲んでいたのは、痛みを紛らわせるためだったのかな、と今は思います。

続きます

 

「旦那が無職になった時」シリーズが、電子書籍になりました!

各書籍サイトの他、ピッコマ、lineマンガ等の漫画アプリでもお読み(ご購入)いただけます!

楽天ブックス

Amazonkindle

コミックシーモア

Bookwaker

ピッコマは3話まで無料、4話以降も途中まで待てば無料で読めます。よろしければ イイネ♡お願いします💛

♡は連打出来るので、いっぱいいっぱい、お願いします💛

また、レタスクラブで五話まで試し読みできますので、よろしくお願いします!

ダヴィンチニュースでも試し読みしていただけます!

 

 

43+






同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ