無職の夫が出て行ったあと4【父親は心配性】

こんにちは、カナコです。「父親は心配性」4話目です。
一話はこちら

前回三話はこちら

「無職の夫が出て行ったあと」父親は心配性4

どれだけ私や母親が怒っても、飲酒と薬の併用をやめない父。

それは、病気の痛みから逃れるためだったのかもしれません。

医者も、もう飲酒を止めませんでした。

その理由は…

全身、様々な病気にかかっていましたが、どれも致命傷ではありませんでした。

でも、もう「治る」ことはないでしょう。

今更お酒を控えたところで、改善することはありません。もう、好きなようにしてもらって結構です。と。(母が同じ病院を受診した時に聞いたそうです)薬も気休めです。

昼間起きているのもつらかったのでしょうか。

さすがに倒れる頻度があがり、起き上がれるまでの時間も伸びていき…。

こんな体でもまだ介護認定は受けていませんでした。まだ運転もしていましたし、痴呆もなくトイレも一応行けていたので、きっかけがなかったのか。

(母が要支援を受けており、そちらで玄関の手すり等をつけていましたが)

倒れてからでは手続きが遅れてしまうので、「父も介護認定を受けてもらって」と母に言い、ケアマネジャーに連絡してもらいました。

早速来てもらうことになりました。

良かった。これで安心だ。

これで介護認定が下りれば、入院が必要になっても介護保険が使える。

あと二日。

しかし

「二日後」にしてもらった事で、事態は悪化していくのでした。

続きます

 

「旦那が無職になった時」シリーズが、電子書籍になりました!

各書籍サイトの他、ピッコマ、lineマンガ等の漫画アプリでもお読み(ご購入)いただけます!

楽天ブックス

Amazonkindle

コミックシーモア

Bookwaker

ピッコマは3話まで無料、4話以降も途中まで待てば無料で読めます。よろしければ イイネ♡お願いします💛

♡は連打出来るので、いっぱいいっぱい、お願いします💛

また、レタスクラブで五話まで試し読みできますので、よろしくお願いします!

ダヴィンチニュースでも試し読みしていただけます!

35+






同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ