無職の夫が出て行ったあと6【父親は心配性】

こんにちは、カナコです。新生活になり中々時間を取れなくなりました😭充実してますけれど☺

無職の夫が出て行ったあと「父親は心配性」6回目です!

前回5話はこちら

一話はこちら

「無職の夫が出て行ったあと」6 父親は心配性

体調がどんどん悪くなっていくので、介護認定を受けてもらうためケアマネジャーに来てもらう事にしました。

まさにその日の数時間前。また父は倒れました。

「今まで大丈夫だったし、きっと今回も大丈夫だろう」

「ケアマネならプロだし、緊急な状態なら判断してくれるだろう」と、救急車を呼ぶ事なく、様子を見ることにした父と母。

そうして、ケアマネジャーと、介護福祉用具会社の人が来ました。

(その時間に合わせて私は午後休を取り、帰っていました)

母の担当でもあるケアマネジャーなので、日ごろの父の行いも知っていました。

「お酒を飲み過ぎて倒れるが、数時間もすると起き上がる。もう何回も、何年も。」

母に数十回は聞かされていたことでしょう。

それもあったかはわかりませんが、「介護」方面に話が進んでいきました。

高齢なら足腰が弱るのは当たり前。いかにうまく過ごしていくか。

全く力の入らない状態の父を、福祉用具の人達が車いすに乗せてくれました。

車いすで生活しているひとは、たくさんいる。歩けないなら、車いすを使って移動すればいい。

福祉用具の利用やバリアフリー工事。

「環境」を変えれば、まだ「家」で暮らせる

と思っていた。

素人の私や母では、車いすに乗せる事もできないし、自力で乗る事もできない。

様々な準備が済むまでの数日。車いすやベッドでおとなしくしていて欲しかった。

車いすに乗ったままでいてほしいのに、目を離すと車いすから落ちて床に寝そべっていた。

何度、ベッドに乗せても

バターン!

と音が聞こえ、ベッドからずり落ちる。

家に男手がないので、近所の人に手伝ってもらった時もあった。

なんで!なんで落ちるの!!なんで動こうとするの!!動けないんだから、おとなしくしててよ!!

と、腹を立ててしまいました。

「まだ動けるかもしれない」と思い、落ちてしまったのか、病気で身体が勝手に動いたのか。

本当のことは、わかりません。

続きます。

 

「旦那が無職になった時」シリーズが、電子書籍になりました!

各書籍サイトの他、ピッコマ、lineマンガ等の漫画アプリでもお読み(ご購入)いただけます!

楽天ブックス

Amazonkindle

コミックシーモア

Bookwaker

ピッコマは3話まで無料、4話以降も途中まで待てば無料で読めます。よろしければ イイネ♡お願いします💛

♡は連打出来るので、いっぱいいっぱい、お願いします💛

また、レタスクラブで五話まで試し読みできますので、よろしくお願いします!

ダヴィンチニュースでも試し読みしていただけます!







同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ