【無職の夫が出ていきました】1 はなしがある!

こんにちは、カナコです。「無職の夫が出ていきました」1話目です。

「無職の夫が出ていきました」プロローグはこちら

「無職の夫が出ていきました」2 はなしがある!

前回報告したように、半年以上無職だった夫と、離婚しました。
ちなみに、結婚生活は9年目でした。

夫が無職なのは、相当なストレスでしたが、何とかごまかしごまかし、毎日を過ごしていました。

「夫が無職である」事に、恐ろしい事に慣れてしまっている自分がいたのですが、やはり奥底には不満が溜まっており…。

「職場が変わったせい」で患ったと描いていた鬱も、「夫の無職期間が長引いている」のも、原因でした。いや、むしろこっちが8割くらいだったのでしょう…。

家事が何もできなくなるくらい、病んでいました。「無職なんだから夫がやれよ」という本心もあったのでしょう。

無職のくせに、洗濯くらいしか家事をしない夫。

私の体調が悪くても、言い出すまでメシの支度もなにもせず、ただただゲームをして待っているだけの夫。

抗うつ薬を飲み始めるも、効果はすぐには出ないので、副作用で更に苦しんでいました。

ずっと吐き気がして、ほとんど何も食べられない状態が、数週間、続きました。

そんな、私の体調が最悪な時に、無職夫は「話がある」と、暗いトーンでもなしに、話をしてきたのです…。

離婚して!

 

体調は最悪、夫は無職。ずっと寝転んでゲームをしている夫が、何か言い出しました。

 

※(元)夫の事は、もううん●としか思えないので、漫画の表現もう●こ姿になっています。

今後、●んこ姿のキャラが登場しますので、不愉快に思われましたら、申し訳ありません💦

 

それでは、また次回!