【旦那が無職になった時2】⑲そなえる夫

こんにちは、カナコです。

「旦那が無職になった時2」の続きです~。

前回18回目「伝説の叔母」はこちら

「旦那が無職になった時2」一回目はこちら

元祖「旦那が無職になった時」はこちらからどうぞ!

19回目「備える夫」

身近に凄い人がいても、弱い私はあくまで弱いままな訳で…。

皆、それぞれに苦悩を抱えている。わかっていたはずなのに。

辛い時は、ついそれを忘れてしまいます。

「叔母も苦労したはずだけど頑張ったんだ!」と少し持ち直す事ができました。

その後は、夕飯の買い物に行きました。

お出かけして疲れていたので、惣菜やら鍋の材料を買い足しました。

すると、夫が自分用のお菓子やカップ麺をバカスカ買い物かごに入れていくではないですか!

いや、カップ麺はまだわかる!何故お菓子をもっさり入れる?( ゚Д゚)

(普段夫はお菓子を買いません)

ドリンク(茶)まで?家の麦茶飲んどれや!!(# ゚Д゚)

腹が減るなら、自分で米炊けや!( ゚Д゚)

連休前の学生か!

これから長い休みだから、家でゲームやって、お菓子とジュースも買っていこう♪な感じですか?

あー、羨ましい羨ましい(´;ω;`)

夫も好きで無職になったわけではないのですが、つい黒い感情が沸いてきてしまいました…。

家計の食費からだしとるんやぞ…。

家にあるもんでなんとかしてくれんかな!

それでは、また次回!

黒田カナコ