【無職の夫が出ていきました】61 少しずつ、少しずつ。

こんにちは、カナコです。「無職の夫が出ていきました」61話目です。

「無職の夫が出ていきました」プロローグはこちら
前回60話「ひとりでかわいそう」はこちらからどうぞ!

「無職の夫が出ていきました」61 少しずつ、少しずつ。

たったの二日前。急に「家を出ていく」と言い、身勝手に出ていった夫。

自分の「オモチャ」だけ持ち運び、後始末は、全て私に押し付けて。

そんな夫でも、息子は「パパ、一人でかわいそうだね」と涙ぐんでくれました。

出ていくと聞いてまだ二日目。出て行ったのは今朝。仕事も休みをもらい、今日もとても頑張った!

今まで何回も何回も「離婚だ!出ていく!!」と言っていた夫。

しかしその後すぐに元通りになっていました。

数えきれないくらい、軽く「離婚」と口にする夫。私から離婚を言い出した事は、ない。

今回も「もしかしたらまたすぐ元に戻るのかもしれない」と、どこかでまだ思っていたのでしょう。

この時点では、まだあえて「離婚」はせず「別居」にして様子を見ようかと思っていました。

どこかで、まだ信じていた。九年分の、情がまだあった。

とある決定的な「夫を信じられなくなる」事があるまでは…。

後述しますが、離婚には「夫本人に直筆」で書いてもらわなければならない書類が二種類あります。

「離婚届」と「児童手当」の振込口座を夫から私の口座に変えてもらうための

「消失届」

必ず夫(父親)本人の直筆で、と強く言われました。

その後、申立書、新規申込書、と提出し、ようやく私の口座に変更できます。

それも、「同じ住所」では認められない場合もあるので、私と子どもの住民票を移しておくなどなどタイミングが難しい…。

また、漫画で詳しく説明したいと思います!

次の土日に夫が来る。その時に記入してもらわなければならない。その日以降はもう会わないかもしれない。

それでは、また次回!

それまでに、離婚届と消失届を準備しておかねば。

 

 

26+