【無職の夫が出ていきました】63 「誰かが」いたから

こんにちは、カナコです。「無職の夫が出て行きました」63話です。

「無職の夫が出ていきました」プロローグはこちら

前回62話「夫のいない朝」は、こちらからどうぞ!

「無職の夫が出て行きました」63「誰かが」いたから

夫が出ていき、息子と私だけ初めての翌朝。全く寂しさはなく、むしろおだやかに過ごせました。

「寝てゲームをしている(無職)」夫の姿が見えないだけで、これほど楽になろうとは。

母親である私のする事は夫がいなくなっても同じ。息子を起こし、朝食を取らせ、水筒、給食袋などの準備をして送り出す。「いつも通り」送り出すと、家に残るのは私一人…。

「誰もいなくなった」アパートに、ひとり。

「誰かといる」事で抑えられていた感情が、一気に噴き出してきました。

動悸が止まらない。涙も止まらない。息をするのも苦しい。

今まで、そばに「誰か」がいたから、平気なふりをして、強がっていられただけなんだ。

自分でも、平気なつもりだった。私は弱くないと思っていたのに。

心では平気なふりをしていても、身体は正直。

「誰がか」いてくれたから、元気なふりをしていられただけなんだ。

「夫が出ていった」「離婚」という事よりも、「これからやる事の多さ」に絶望していました。

誰がやる?私しかいない!私がしっかりしなきゃ!!と、強がっていた。

それでは、また次回!

身体は、悲鳴をあげていたのに。

30+