【無職の夫が出ていきました】70 鍵っ子の受難1

こんにちは、カナコです。「無職の夫が出ていきました」70話です。

「無職の夫が出ていきました」プロローグはこちら

前回69話「キャンペーン」は、こちらからどうぞ!

「無職の夫が出ていきました」70 鍵っ子の受難1

今年は旦那が無職&実家が近いというのもあり、学童保育に入れなかった息子。

今までは基本的に無職の夫が家にいたので、鍵はかけずに仕事に行っていました。

夫がたまに用事などでいない時は、合鍵を渡していました。

しかし、家にはもう誰もいない。息子には合鍵を渡しておきました。

大丈夫だろうと思い、色々寄り道をして少し遅くなってしまったのですが…。

階段の途中で「ママ!」と息子が駆け寄ってきました。

いつもなら鍵を開けて親のいぬまにと、心置きなくくつろいでいるのに!(笑)

「鍵なくしちゃった…。ママの帰り、外で待ってたの。」

この日は息子も五時間授業で、私もそれなりに早い時間に帰ったので数十分待っただけで済んだのですが

鍵を無くして入れなかったのがとても怖かったようです。(後にランドセルの奥から発見)

今後は、基本的に鍵をかけないで出る事にしました。

貴重品は実家に置き、アパートの鍵は基本的にあけっぱなしにしておく事に。

不用心極まりないですが、最上階なので玄関先まであがってくる人はお向かいの人だけ。

取られるようなものもありませんしね…。

それでは、また次回!

 

しかし、鍵を持たない事で後に息子に災難が降りかかったのです…😭

24+