無職の夫が出て行ったあと7【父親は心配性】

こんにちは、カナコです。「父親は心配性」シリーズ7回目です。

前回6話はこちら

一話はこちら

「無職の夫が出て行ったあと」7 父親は心配性

身体は不自由でも、言動はしっかりしていた。まだ「家」で暮らせると思っていた。

でも、数日経っても「立ち上がる」ことはできませんでした。

必要なのは「介護」だと思っていた。

倒れてばかりなのも、高齢になったからだけじゃない。

必要なのは「医療」だった

119番、火事、救急車。「緊急」のときしかかけてはいけないと思っていた。

とっくに「緊急事態」は過ぎていたのに。

続きます。

 

「旦那が無職になった時」シリーズが、電子書籍になりました!

各書籍サイトの他、ピッコマ、lineマンガ等の漫画アプリでもお読み(ご購入)いただけます!

楽天ブックス

Amazonkindle

コミックシーモア

Bookwaker

ピッコマは3話まで無料、4話以降も途中まで待てば無料で読めます。よろしければ イイネお願いします!☺

♡は連打出来るので、いっぱいいっぱい、お願いします!

また、レタスクラブで五話まで試し読みできますので、よろしくお願いします!

ダヴィンチニュースでも試し読みしていただけます!

32+






同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ